イラストがなくても迷わないオンナ

ボクはちっちゃいあたりから何とか行った界隈も「これ…どこ?」と面食らうことはありません。今は携帯電話で地図を確認することができませんが、薄い場合でも駅前などに来る地図や部分申し込みだけで目的地に到着することができます。ボクはそれだけでなく、一旦行った界隈であれば絶対に躊躇うことはありません。とくに意識をしていませんが、癇で街並みが画像として録画されているようで、思いだすだけでいつのアドオンに、いつの放物線に業者やいかなる住居があるか思い起こすことができます。従前、周遊でN.Y.にいく機会がありましたが地図は持っていても、主として調べることはしませんでした。N.Y.は京都と同じようにアドオンが碁盤の瞳のようになってあり、わかりやすいこともありますが、アドオンにおける部分申し込みだけを見るだけで自分がどこにいるのか、どこへ向かえばいいか手に取るようにわかりました。そうして、もっと同じN.Y.に出向くことがありましたが、その時には完全に地図が頭に入ってしまったのか、相当グランドに住んでいる人のように歩くことができました。女性は地図が読めないと言われていますが、私だけ(?)はどこに行っても迷うことはありませn。http://www.xn--u9j5j1a1533a3zf6n1g.xyz/